健康

玉ねぎの皮は捨てちゃダメ!?皮に隠された驚きの効果効能とは…

投稿日:

玉ねぎの皮ってみなさんどうされてますか?

実は、玉ねぎの皮には「ケルセチン」と言う強い抗酸化作用を持つポリフェノールの一種が多く含まれているそうなんです。

他にも食物繊維、フェノール化合物、フラボノイドなどの成分が含まれていて

・生活習慣予防

・花粉症などのアレルギーを改善する効果

・悪玉コレステロールや血糖値を下げる効果(動脈硬化予防)

・血圧上昇の抑制

・骨密度の抑制

・抗アレルギー・抗炎症作用等々…

挙げればきりがないほどの効果が期待されると言われています。

 

もうすぐ6歳になるうちの娘は最近、喘息と言われ血液検査をした結果まさかの花粉症が発覚すると言う事態!

他にも色々とアレルギー反応を起こしていました。

何とか改善できないかと色々調べてたどり着いたのが「玉ねぎの皮」なんです。

 

玉ねぎの皮

玉ねぎ

「玉ねぎの皮」なんて聞くと「そんなの何にするの?」って思いませんか?

バリバリそのまま食べるにもしても飲み込みずらくて想像するだけで食べずらそう…

私も本当にそう思いました。

でも、どうやらそのまま食べるのではなく、

煮てお茶として飲んだりスープのだし汁として摂取すると良いそうなんです。

ほほぉ~…!納得!!

しかも、その剥いた皮は数日天日干しにすると更に栄養価がアップするって言うんです!

そんなのビックリしませんか?

 

1日~2日日光に充てるとだんだんと血液が若返ると言われるケルセチンですが、4日で1.5倍。

1週間で3.5倍にも成分がアップするんだとか!

どうせ摂取するなら1週間置いたもので試したいですよね。

また、冷凍しても栄養は落ちることがないそうなので天日干しにして冷凍して使うのにも良いらしい。。

 

夫事情

うちの夫は結婚する前からコレステロール値が高くもう13年以上毎回健康診断でひっかかっています。

食事を改善するにしてもどうしたら良いのかわからないまま今に至っています。

何故かと言うと、家では揚げ物なんて殆んどしないし、したとしても数か月に1度と頻度は少なめ。

豆腐や厚揚げ、豆類は良く摂り、常に冷蔵庫にストックがある状態。

そんなにコレステロールが高い食事を出しているつもりってないんですよね。

(見た目は太っている訳でもなく、日頃からスポーツをしている夫。)

だとすると、原因は自分で作るコーヒーに入れてる「砂糖」なんじゃないか?

なんて思ってきました!

普段なら捨てている食材をいつものお茶の代わりに摂取するだけで良いとなると試さない訳にはいきません。

玉ねぎの匂いの元であるアリシンという成分は血管の状態を良くしてくれ、

心筋梗塞や脳卒中といった成人病予防にもなるので私達のような中年真っ只中の夫婦にも有難い。

私も去年から急に健康診断で高血圧を指摘されるようになったので「血圧上昇の抑制効果」と言うのも嬉しい話です。

 

空高く飛ぶ

いやぁ。。。

これは私達夫婦にとっても、子供にとっても凄く良い朗報じゃないですか♪

お茶は飲みにくいと感じる人はお米を炊く時に皮を一緒に入れて、炊きあがったら皮だけ捨てるといった摂取方法だと無理なく摂取できると思います。

玉ねぎは血液をサラサラにしてくれる食材と言う事は誰もが知っている有名な話。

しかし、いつも捨てていた玉ねぎの皮にこんな驚きの効果が隠れていたとは…

玉ねぎは捨てる所なく丸ごと使える健康野菜だったんですね~

参りました。

これは是非とも試してみようと思います。

「そんなのわざわざ天日干しするなんて面倒!」って人には手軽に摂取できるパウダータイプが良いかも知れませんね。

 

スポンサードリンク

-健康

Copyright© riblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.