健康

スーパーフードと言われるチアシード!摂取量や食べ方について

投稿日:

上目使いの女性

チアシードって最近よく耳にするけどいったい何?なんて思われる人もいるのではないでしょうか?

チアシードは中南米の伝統的な食材でシソ科に属したミントの仲間です。

オメガ3、食物繊維・鉄分・エネルギーなど女性が必要とする栄養素を豊富に含んでいるチアシード。

一見ゴマのようにも見えますがゴマの1/2程の大きさしかありません。

しかし、その小さな粒には驚くほどの効果が秘められているのです。

 

チアシードはオメガ3必須脂肪酸・a-リノレン酸が豊富に含まれています。

a-リノレン酸は体の中でDHA,EPAに変換され、体内の炎症をさげる働きや動脈硬化を防ぐ働きがあります。

 

チアシードの摂取量と食べ方

考える女性

必須アミノ酸を8種類も含んでいるスーパーフードとしてモデルや女優さん等の間で注目を浴びているチアシードですが

1日どのくらい摂取すると良いの?

なんて疑問を持たれている方もいると思います。

チアシードは目安として1日大さじ1杯程度が理想とされています。

(水150㏄につきチアシード大さじ1杯)

人によってはそのままデザートやサラダなどにふりかけて食べると言う方もいるようですが

実は生のまま食べるといった方法は推奨されている方法ではありません。

というのも、チアシードには発芽毒であるアブシジン酸が含まれており、

それを消すためには12時間以上は水に浸す必要があると言われているからです。

しかし、その発芽毒であるアブシジン酸が含まれている量というのは0.01ppmといった極微量です。

そのため普通の摂取量であればそのまま摂取しても問題はないと言われています。

とは言え、そのままチアシードをふりかけて摂取すると言った方法は水溶性食物繊維の効果も半減するのです。

 

どうせ摂取するのであれば効果を最大限に使った方法で取り入れたいですよね。

では、どのように摂取するとよいのでしょうか…

 

どのような摂取方法が効果的?

 

チアシード

チアシードは水で浸して体内に取り入れる方法が最も効果的!

水分を含んだチアシードは水溶性植物繊維が溶け出しとろみがつき10倍に膨らむといった性質があります。
(10分以上浸す事で数倍に膨張しゼリー状になりますが発芽毒が気になる方は12時間以上浸すと良いでしょう)

そのとろみがついたゼリー状の部分が食物繊維でできていて、

それが糖やコレステロールの吸収を穏やかにし、腸を掃除してくれる役割を果たしてくれるのです。

水で戻したチアシードは冷蔵庫で10日程保存がききます。

毎日作るのが面倒と思われる方は作り置きをして、ドレッシングやデザートに混ぜて楽しんだり、

ヨーグルトなどで戻し、味をつけて楽しむ方法も良いのではないでしょうか。

※乾燥のままのチアシードを摂取する場合、チアシードが胃の中の水分を奪ってしまうのでしっかりと水分を摂るようにしましょう。
ダイエット目的の場合は満腹感が得られるように水で戻してゼリー状にして摂取する方法がおすすめです。。

 

 

チアシードは熱に弱い

チアシードにはオメガ3脂肪酸(必須脂肪酸)が豊富に含まれており、コレステロール値や血圧を下げる働きがあります。

必須脂肪酸は体内で生成する事ができないので普段の食事からしか摂る事ができません。

また、オメガ3脂肪酸は熱に弱いといった性質がある為、煮込んだり熱湯に浸すなどするとせっかくの栄養素が失われかねません。

そのような事のないように正しい知識を持って体内に取り入れると効果をより感じやすくなるのではないでしょうか。

 

チアシードのまとめ

・1日大さじ1杯を水に浸して摂取する
・チアシードは熱に弱いので戻す場合は水で戻す
・ドレッシングやデザート等と一緒に食べるのも◎
・ヨーグルトやジュースで味をつけるのも◎

 

スポンサードリンク

-健康

Copyright© riblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.